もうまんたい@統合失調症チラ裏ブログ

統合失調症寛解済み?考えてる事を書くブログ。

減薬を先生に進言してみたら了承されたが再発した話→統合失調症

減薬した。

 

すると、症状がある程度また出てきた。

ただ、前と違うのは、ある程度自分を俯瞰で見ることができるようになっている、ということ。

俯瞰で見ているから、症状が出ても、混乱する事なく、対処できる。

あ、これが症状なんだ、こんな感じで物事の捉え方が違ってくるんだ、って。

 

詳しく話そう。

 

エビリファイという薬を筋注している。

なんで筋注なのかと言うと、先生の意図は多分、 拒薬による再発の防止を狙っているのだろう。

とおもう。

 

筋注なのでやめることもできない。

 

もう大丈夫、って、断薬できない。

自己判断できないようになっている。

それが治療者にとっては利点なのだろうが。

 

話が少し逸れた。

そんな訳で辞める事は出来ないので減薬を進言してみた。

 

すると。

渋面である。

過去に例が無いからとかかんとかモゾモゾ言っている。

たしかに製薬会社の意図よりも少ない量のようだった。

実績がないから不安。

 

わかるが、、

 

それなら私が実績になろうではないか。

 

我ながら大きくでたものだ。

いや、脳内で考えただけだが。

しかしもう少し押すと先生は存外に了承した。

 

意外である。

入院中はあんなにわたしの減薬進言を拒否してきたのに。

 

むむ。

いや。

まぁいい。

ラッキーかもしれない。

 

そもそもこのブログでも精神論的に症状への対処法を書いてきたのだ。

自分がやらないで誰がやる。

 

奮起した。

 

が。

 

前述の通りわたしはある意味敗北に近い辛酸を舐めさせられている。

 

 

すなわち。

 

減薬してから。

 

まわりの話している事が気になるのだ。。

 

 

そんなこと??

って思うかもしれない。

 

けれど。

その小さな思考が、大きな妄想を生むのである。

 

例)

周りの話すことが気になる→わたしのこと話してるんだ→わたしの悪口言ってるんだ→みんな敵だ→集団ストーカーだ!!!

 

わたしの病気的な思考パターンの一例です。

 

こうなるとよくない。

 

だから、

思考を切ってます。

 

すなわち俯瞰的に自分を見ることで、

いやなスパイラルに陥るのを防いでいる。

今はそんな感じですね。

 

どれだけ減薬できるのか。

また、減薬するごとに見える世界もかわるのか。

 

 

見ものです。

 

 

 

 

 

 

私的妄想の正体【統合失調症】

統合失調症の妄想って色々あると思う。

関係妄想。
被害妄想。
恋愛妄想。

殆ど寛解してても、思考の端にちらっと覗く、妄想たち。

迷惑極まりない。

つい、人目を気にして、悪口言われてるのかもとか、私の態度おかしかったかなとか。

なんで、そんな事ばっかり考えてしまうのだろ。

考えてみた。

⑴妄想とは?ナルシスト?
⑵自分大好きとは。
⑶自己肯定感とは。
⑷優しさとは。
⑸まとめ


⑴妄想とは?ナルシスト?
妄想って私にとって何だろ。
と考えてみた。

※被害妄想が多いので、被害妄想で考えてみた。

被害妄想。
人を気にする事で起こる。と思う。
人の目が気になる。
人の評価が気になり、それであの人に悪く言われてるんだ、などと思う。

人の評価。
何故に気にするのだ。

誰も私のことなんて大して気にしてないのに、、
自意識過剰なのではないかと思う。
自意識過剰とは、ナルシズム。

ナルシズム。ナルシスト?

ナルシストって事は、自分大好きって事だ。

私は自分大好きナルシストだったのか??

私、自分嫌いなんですケド (๑⃙⃘·́ω·̀๑⃙⃘)੨੨


自分嫌いなのに自分大好きってどゆことだ??

多分、こゆことかと思う。

私が嫌いなのは、あくまで
「理想の自分になれない自分」であって、基本的には自分好きと思われる。

でもなぜ自分好きだと、妄想してしまうのか??


⑵自分大好きとは。
自分の事嫌いだと思ってたけど、実は好き。

こう言い換える事もできる。

私は自己肯定感が低く自分が嫌い。
でも、自分は好き。

自己肯定感が低いと、自信が持てない。
(そんな自分も嫌いなんだけど)

自信が持てないと、オドオドしてしまう。
変なこと言ってないかな。
おかしな態度してないかな。
能力を低く見られてないかな。

そんな風に気になる。

そうすると、

あの人に悪口言われてる。
変なことしてたって言われてる。
アイツ使えないって言われてる。

そう、自己肯定感が低く、自信が持てない事は妄想に直結する。

でも、妄想するって事は、自意識過剰とも言える。
(誰も私の事なんて、大して気にしてないのに)

なんで自意識過剰なんだろ。
自分のことをどう見られてるか、が気になるからだ。

自意識過剰って事は、ナルシズムがあるって事だ。

つまり、
妄想とは、

自意識過剰のナルシズムと、
自己肯定感の欠如による自信のなさ、
のコンビネーションだ。

と、思う。


⑶自己肯定感とは。
自己肯定感のなさは妄想を産む一端となる。
前述しました。

では、妄想しないためには、どうしたらいいか。

自己肯定感を満たせばよいのだ。
自己を肯定すれば、妄想する必要もなくなる。

では自己を肯定するとは?

それは自己愛だと思う。
でも、今までの自己愛とは違う。
今までの私の自己愛は、〇〇できた自分を愛する事。つまり、条件付きの愛だった。と思う。

私の妄想。
〇〇できる自分、素晴らしい。とかさ。
〇〇は妄想の考えで、実際にはないのに。
私はどうやら、〇〇できないと、自分を愛せないらしい。
そんな感じ。

条件付きの愛で自分を愛しても苦しいだけ。
というか、それが妄想を産む一端となるのだから、逆にいけないものだ。
(〇〇できる自分を愛する=〇〇できない自分に価値はない。それって、条件付きだよね)

では条件付きでない愛とは?

無条件の愛だ。
どんな状態の自分でも愛するのだ。
それが、ホントの自己愛だと思う。

無条件に、人を愛する事なんて滅多にない。
だから、自分だけでも、自分を無条件に愛する事が必要だと思う。

無条件の愛なんて、自分以外だと、、
親かな?
だから、親の愛情は尊いのだと思う。
自分以外の、無条件に愛してくれる存在だから。

話がそれたが、

ありのままの自分でいいのだ、そう思える事が、妄想を撲滅する一つの考え方だと思う。

どんな自分も、
自分はこれでいい、これで、いいんだ。
と。


⑷優しさとは。
私は、自己肯定感が低かった。
これは、駄目な自分を受け入れられていなかったに等しい。

これって、心の狭さに関係すると思う。

自分のミスって結構大概寛大になるじゃないですか。
でもそれすら許せなかったら、どんだけ狭量なんだ、って話ですよ。

そして、自分のミスを許せなかったら、
他人のミスなんてもう、許せる筈がないんです。

自分も他人も許せない。

なんて、狭量なんでしょうか。

もっと器の大きな人になりたいですね。
自分のミスも、他人のミスも笑って許せるような。


でも、私、他人のミスは、気にしない方だったんです。

矛盾するようですね。
それが、しないんです。

今日の気づきで、それは間違いだったと知りました。

何故から。
真の寛容は、その人を心から思った上で許す事だから、だと思ったからです。

私の寛容さは、どうでもいい人がどうでもいいミスをしたから、別にどんな感情も湧かない、
ただ、それだけだったんです。

そんなのは寛容とはいいませんよね。
優しさとはいいませんよね。

私は、優しくない。

冷たい人間だったんだ、と
今日、初めて自覚しました。

自己肯定感を得て、本当に、他人を思い、他人に寛容になれると、妄想なんて、してる暇ないですよ。
ホント。


⑸まとめ
長かったですね。
ごめんなさい。

一言でまとめると、
自己肯定感の低さと、自意識過剰のナルシズムが混合して、妄想に繋がる。

自己肯定感を満たすには、自己を無条件で肯定すること。

そうすると、自分にも他人にも寛容になれる。

つまり、自己を肯定することは、妄想をなくすことに繋がる。

私はそう、考えます。

何でもかんでも妄想で片付けるのは危険→統合失調症

※良くなりつつある人向け記事です。

統合失調症で、妄想って症状の一つだと思う。

そんで、患者がよく考える事の一つだとも思う。



良くなると、

あ、また被害妄想だ。
恋愛妄想だ。
関係妄想だ。

って分かってくる。

それが、自分にとってよくない事なのも。



でも、それを全部妄想で片付けるの、危険かも。。。

私達が見聞きしてるのは、現実。

でも、それをねじ曲げるのが妄想。

でも

良くなってきて、現実を、妄想というオブラートを通してでなく、現実として、
そのまま見ると。


やっぱ嫌われてんじゃん、とか。
やっぱ駄目なんじゃん。とか。


嫌な現実に突き当たる事がある。


けど

それを

まーた妄想か、そんな事ナイナイ꒰๑ ᷄ω ᷅꒱

って、紛らわそうとする。



それって、

わかった振りして、分かってない。

逆に現実、ちゃんと見てないよ。


現実は、現実としてみなきゃ。

妄想は、突拍子のないもの。(そうでないのもあるけど。)

現実は、もっと、どろどろしてて、
腐ってて、腐敗臭がしてる。


それを妄想として片付けてると、もっと病んでくよ(実体験)

ちゃんと現実みないと。
んで、受け止めないと。

現実を見れなくて妄想を現実とするのと、
現実見れなくて現実を妄想扱いするの、

どっちも同じだよ。

現実をちゃんと見てないという点に置いて。


現実は、現実。
妄想は、妄想。

きちんと区別をつけて、、

辛いけど、現実は、現実として、きちんと見ないと。



その見極めが難しいんですけどね。




認知力、上げないと。

がんばろ。

妄想はパターン化する。と思う。→統合失調症

妄想や幻聴はある程度パターン化する。

と思う。

※あくまで私の話です。




過去のことを振り返ると、

幻聴や妄想は、
いつも同じ罵倒をする。そして、同じ展開になる。

ループものみたい。

ただし学習はしない。
(てか中々できない)


私の場合は、転職しても、過去の職場の人と今の職場の人が繋がってて、嫌がらせをしてくる、もしくは救済してくれる。

というストーリーが出来上がってた。

幾度か転職したが、結局行き着くのはその妄想。そして幻聴。



そこから先は、

言わんずや。


まぁ、
結局本人の考えなので、本人が考えつくような事以上の事はでてこないのですが。



パターン化してたら、

結局そこが、

私の気にしてる、

負い目に感じてる、

コンプレックスで、弱い部分なんだな、


と思う。


ほかの人はどうなんでしょうか|ω・`)

いっそ狂ってしまえたら→統合失調症

狂うの定義は知らないが、

統合失調症の陽性症状MAXの時がそうなら、ある意味戻りたいなと思う時がある。

いつ?→弱ってる時だ。


いつもなら、そんな狂ってる時代に戻りたくはない。


人生の中でずーーーっと感情を抑えてきたけど、

狂ってる時は解放してた。

当たり前だけど。


あの、全てから解き放たれたような、世界を全て支配したような万能感。

世界の事は全部分かってて、思い通りで、
全てのドロドロした感情を解放してぶつけてしまう感じ。


独特だと思う。狂ってる時は。



一目があるし、
今はそんなエネルギーもないからしないし、
したくないけど。



あの感じは忘れられない。

ある意味快感でした。



でも、本当にやりたいのは、狂ってしまうことではなくて、


自分を出したい。
自分の思ってることを言いたい。

これだと思う。



いつも、二の足踏んで、止まってる事。
心開いてる人以外にはできない事。


結局、
もっと、人と仲良くなりたいのだと思う。


だから、自分を解放したい。
自分の事を知って欲しい。
でも、人見知りだから、よく知らない人にそんなことできない。
だからやらない。
やらないし、できない。
理性でコントロールしている。


でも、どうしようもなく、弱ってる、調子の悪い時は、感情が勝ってきて、

狂ってでもいいから、自分を解放したくなる。

題の内容を解説すると、そんな感じ。



理性的に、一般常識の範囲内で、

自分の意見をしっかり言ったり、

自分を出してみたりだとか、

そんな事ができるようになれたらいいな。


追記
ちょっとは、出来るけど、人と物凄く仲良くなれないから、、、

だから嫌なんだと思う。

親友とか、みんなどーやってつくるのかな。
でも親友なんて、いつの間にかなってるものだよね。
友達とか、親友を作りたい時点で負けてるのかも。

駄目駄目ですな。。。

無能なのは生まれつきです→統合失調症

今日のお悩み。



仕事場で、



無能、

仕事について分かってない、

気持ち悪い、

話をしても分かってないのではないか。

そんな風に思われてると思う。



これって被害妄想かな?

それとも事実かな?

と思う。


私の知識不足とか、
経験不足とかの、事実が幾つかあって。


それをベースに、自分で話作ってるだけかな?

とも思う。


でも今は、主観的になりすぎてよくわかんない。


なるたけ客観的に考えると、


多少話が通じないのは、普通のコミュニケーション上でも、良くある事だ。

でもそれを気にするあまり、
その事実を被害妄想的に膨らませてしまうのだと思う。

この、

事実の部分と、膨らませてしまう妄想の部分。

この二つが自然に絡み合っていて、いつも分かりにくい。

でも、わかってもどうしようもないのかも?

要は、なにがあっても気にしないマインドを手に入れない事には、なにも解決しない。


そんな気がする。

結婚した。→統合失調症

結婚した。暫く前の事だ。


結婚して、すこしたって、思うことは、

この人がいたから良くなってきたんだなぁってこと。

自己評価が低い自分にとって、
自分を肯定してくれる存在は貴重だ。
ありがたい。

自分ですら肯定できない私自身を肯定してくれ、
許してくれる。

時には注意してくれて、軌道修正してくれる。

また、マイナーな趣味を受容してくれる。

過去のことを思うと、何が本当で何が妄想なのか分からなくなると言うと、

じゃあ僕が判定するよ

と言ってくれた。


ありがたい。
ありがたい。

でも妄想の話なんて、恥ずかしくてできないよ。

ただ。

その気持ちがありがたい。



今は、悪くなりたくないから、がんばろうと思う。



仕事で嫌なことあっても、この人がいるから大丈夫と思う。

自分を受容してくれる存在のありがたさよ。


私もこの人を支えられるようになりたいと、思わせてくれる。


のんびり、がんばろ、と思う。